子どもを地域で支える会・筑豊 

updated 2017-12-11

第4回 講演会を開催しました。

日時:2017年6月16日(金)19:00〜20:30
場所:飯塚市コミュニティセンター 学習室401号

「こどものトラウマと向き合う」
大江美佐里 先生

(久留米大学医学精神科,保健管理センター)
4th講演会ちらし.pdf(PDFファイル)
飯塚市教育委員会・桂川町教育検討委員会 後援
本講演会の目的

「トラウマ」とは何らかの出来事によって引き起こされる心の傷です。虐待やいじめなど子ども時代に受けたトラウマをそのままにしておくと、やがて自己否定感、無力感、抑うつ気分が強くなるなど様々な症状が現れ、成人になっても心理面や人格にその影響が及びます。

虐待やいじめなど子どものトラウマへの対応と関わり方について学ぶ専門職のための研修会です。

大江美佐里先生

専門分野は(心的)トラウマティック・ストレス関連疾患、不安障害、心理教育、認知行動療法、思春期・青年期精神医学。産業精神保健では、臨床・教育・研究の全てに携わり、週に2.5日は患者さんの診療を行い、1.5日は大学の保健管理室で学生と大学教職員のメンタルヘルスのケアを担う。その他、大学の講義と研究を担当し、カウンセリングセンター長を兼務、臨床心理士20名の管理業務も行っている。日本トラウマティック・ストレス学会理事。

次回研究会 開催予告
12月19日(火)

18:30〜20:00 (会場費 500円)
「症例検討:児童,
主訴:他人の物をとって困る、忘れ物が多い
 木稲裕理江(丸野クリニック 臨床心理士)
定例会への参加は、会員のみです
(定員40名)

 参加者メールアドレスは、本会よりの開催情報提供のみに使用し、慎重かつ適切に管理することをお約束いたします。

お問合せは 事務局まで。

What's New

 

12/11 '17

定例会の申込みを開始しました

4/1 '17

会則を改訂しました

新役員が発足しました